ENEOSでんき 新電力会社

ENEOSでんきVS楽天でんきの比較|どっちが良いか料金表にして地方別にまとめ

ENEOSでんきVS楽天でんきの比較

この記事ではENEOSでんきと楽天でんきを比較して解説しております。

 

ENEOSでんきと楽天でんきのどちらの新電力にしようかお考えですか?

どちらも有名な企業が行っているだけに気になると思います。

 

この二つの新電力はどちらがお得になるかが大きなポイントではないでしょうか。

料金が安くなる事が新電力のメリットだと思いますので二つの新電力の料金ををエリア別に比較してみました。

この記事でわかること

  • ENEOSでんきと楽天でんきの比較
  • ENEOSでんきと楽天でんきの料金をエリア別に比較

 

ENEOSでんきと楽天でんきの基本的な特徴から比較

ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきはどちらも有名企業の新電力です。

名前が有名なだけにどちらを選んだら良いのかわからない方も多いでしょう。

 

まずはこの二つの新電力の特徴を紹介します。

ENEOSでんきの特徴

ENEOSでんきはガソリンスタンドで有名なENEOSを運営しているJXTGエネルギーの新電力です。

全国で発電設備を運営し、2003年から始めた電気事業を活かして2016年から家庭用の新電力がスタートしました。

 

特徴としては2年以上の利用約束で「にねんとくとく割(表記はとくに二乗)」が適用され、1〜2年目では1kWhあたり0.20円(税込)割引になり、3年目以降では1kWhあたり0.30円(税込)割引になります。

 

ただし、にねんとくとく割を適用すると二年以内の解約で違約金が発生します

 

ポイント

  • Tポイントが貯まる
  • ENEOSカードの利用でガソリン代が安くなる
  • 電気のトラブルに24時間365日対応してくれる

 

ENEOSでんきは200円につき1ポイントのT ポイントが貯まります。

 

ENEOSカードを利用している人ならガソリン代が安くなる特徴があります

またENEOSでんきは電気のトラブル時に24時間365日点検・調査・応急処置の出張サービスのサポートがあります。

楽天でんきの特徴

楽天でんきは楽天カードや楽天市場で有名な楽天の新電力です。

 

楽天でんきの特徴としては以下のものがあります。

ポイント

  • 基本料金0円
  • 楽天ポイントが貯まる&使える

 

楽天でんきの大きな特徴としては基本料金が0円に設定されている事です。

楽天でんきを利用すると楽天ポイントが200円につき楽天ポイントを1ポイント付与され、貯まったポイントで支払いもできるのが特徴です。

ENEOSでんきと楽天でんきの料金を地方別に料金比較表で見てみる

ENEOSでんきと楽天でんきの料金を地方別に料金比較表

ENEOSでんきと楽天でんきの料金はエリアによって事なります。

一概にどちらの方が安くなるとは言えませんのでエリアごとに紹介し解説していきます。

 

特徴としましてはENEOSでんきは基本料金があり、楽天でんきは基本料金がなく使った分だけの支払いとなりますが料金が一定で30A以上でしか利用できません。

 

北海道電力エリアの場合

北海道電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき 楽天でんきプランS
10A 341.00円 -
15A 511.50円
20A 682.00円
30A 1023.00円 0円
40A 1364.00円
50A 1705.00円
60A 2046.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 23.26円 31.00円
120kWh〜280kWh 28.54円
280kWh以上 30.93円

 

電気を多く使う家庭も少なく使うカテもENEOSでんきの方が料金が安くなるでしょう。

楽天でんきは基本料金が0円ですが結果的に高くなってしまう可能性が高いです。

 

東北電力エリアの場合

東北電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき 楽天でんきプランS
10A 330.00円 -
15A 495.00円
20A 660.00円
30A 990.00円 0円
40A 1320.00円
50A 1650.00円
60A 1980.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 18.38円 26.50円
120kWh〜300kWh 24.43円
300kWh以上 27.23円

 

電気を多く使う家庭の場合は楽天でんきの方が安くなる可能性があります。

一人暮らしなどそれ以外の場合はENEOSでんきの方が安くなるでしょう。

 

東京電力エリアの場合

東京電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき 楽天でんきプランS
10A 286.00円 -
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円 0円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 19.88円 26.50円
120kWh〜300kWh 24.54円
300kWh以上 26.22円

 

電気を多く使う場合も一人暮らしのようにあまり使わない場合もENEOSでんきの方が安くなる確率が高いです。

楽天でんきの基本料金が0円の部分に魅力を感じると思いますが、120kWh未満ではENEOSでんきの方が安くまります。

 

中部電力エリアの場合

中部電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき 楽天でんきプランS
10A 286.00円 -
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円 0円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 20.85円 26.50円
120kWh〜300kWh 24.77円
300kWh以上 26.49円

 

中部電力エリアでは300kWh以上使う場合は楽天でんきの方が安くなります。

電気を多く使う家庭では楽天、それ以外ではENEOSでんきの方が安くなるでしょう。

 

北陸電力エリアの場合

北陸電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき 楽天でんきプランS
10A 242.00円 -
15A 363.00円
20A 484.00円
30A 726.00円 0円
40A 968.00円
50A 1210.00円
60A 1452.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 17.84円 22.00円
120kWh〜300kWh 20.96円
300kWh以上 21.69円

 

300kWh以上使う場合は楽天でんきん方が安くなる可能性が高くなります。

検診表を見て電気を多く使っているようなら楽天でんき、それ以外ならENEOSが安くなるでしょう。

 

関西電力エリアの場合

関西電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

最低料金

ENEOSでんき 楽天でんきプランS
285.00円(15kWhまでの使用) 0円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 20.31円 22.50円
120kWh〜300kWh 23.99円
300kWh以上 26.80円

 

関西では120kWh以上から楽天でんきの方が単価が安いため電気を多く使う家庭では楽天でんきの方が安くなるでしょう。

 

中国電力エリアの場合

中国電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

最低料金

ENEOSでんき 楽天でんきプランS
337.37円(15kWhまでの使用) 0円

 

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 20.58円 24.50円
120kWh〜300kWh 26.50円
300kWh以上 27.51円

 

中国電力エリアでは120kWh以上から楽天でんきの方が単価が安いため電気を多く使う家庭では楽天でんきの方が安くなるでしょう。

 

四国電力エリアの場合

四国電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

最低料金

ENEOSでんき 楽天でんきプランS
411.40円(15kWhまでの使用) 0円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 20.36円 24.50円
120kWh〜300kWh 25.92円
300kWh以上 27.91円

 

四国電力エリアでは120kWh以上から楽天でんきの方が単価が安いため電気を多く使う家庭では楽天でんきの方が安くなるでしょう。

 

九州電力エリアの場合

九州電力エリアのENEOSでんきと楽天でんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき 楽天でんきプランS
10A 297.00円 -
15A 445.50円
20A 594.00円
30A 891.00円 0円
40A 1188.00円
50A 1485.00円
60A 1782.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき 楽天電気プランS
120kWhまで 17.28円 23.50円
120kWh〜300kWh 22.25円
300kWh以上 23.97円

 

九州電力エリアでは電気を多く使う家庭の場合のみ楽天でんきの方が安くなる可能性があります。

300kWh未満ではENEOSでんきの方が安くなる可能性がありますので、電気をそこまで多く使わないようならばENEOSの方が良いでしょう。

 

まとめ

ENEOSでんきと楽天でんきの比較

  • ポイントが貯まる新電力
  • どのエリアでも一人暮らしではENEOSでんき
  • エリアによっておすすめが違う

ENEOSでんきと楽天でんきの共通しているところは支払いに応じてポイントが貯まるところです。

ENEOSでんきはTポイント、楽天でんきは楽天ポイントが貯まります。

しかしENEOSでんきも支払いに楽天カードを使用すればTポイントの代わりに楽天ポイントが貯まります。

 

ENEOSでんきは貯まったポイントを支払いに使えませんが、楽天でんきは楽天ポイントを電気代の支払いに充てる事ができます。

 

料金を比較してみると一人暮らしなど電気をあまり使わない家庭ではENEOSでんきの方が安くなりますが、それ以外はエリアによって事なります。

対象のエリアの料金を参照して検討してみてはいかがでしょうか。

-ENEOSでんき, 新電力会社

© 2021 新電力の比較サイト。電気代節約できる会社を選定~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5