ENEOSでんき あしたでんき

ENEOSでんきVSあしたでんきの比較|どっちが良いか料金表にして地方別にまとめ

ENEOSでんきVSあしたでんきの比較

この記事でがENEOSでんきとあしたでんきを比較して解説しております。

 

ENEOSでんきとあしたでんき、どちらを利用するかでお悩みですか?

この二つの新電力は有名で電気代が安くなると評判です。

 

しかしだからこそ迷ってしまう方も多いのでは無いでしょうか?

確実に安くするために比較して検討したいところですね!

 

ENEOSでんきとあしたでんきの特徴と料金をエリア別に比較しました。

この記事でわかること

  • ENEOSでんきとあしたでんきの特徴の比較
  • ENEOSでんきとあしたでんきの料金をエリア別で比較

 

ENEOSでんきとあしたでんきの基本的な特徴から比較

ENEOSでんきとあしたでんきはどちらも人気の新電力です。

この二つはそれぞれ特徴があります。

 

例えばENEOSでんきは割引を適用するとタイミングによっては違約金が発生する場合がありますが、あしたでんきは解約金がありません。

それでは2つの新電力の特徴をまずサラッと把握してください

ENEOSでんきの特徴

ENEOSでんきはENEOSを運営しているJXTGエネルギーの新電力です。

全国で発電設備を運営し、2003年から始めた電気事業を活かして2016年から家庭用の新電力がスタートしました。

 

ENEOSでんきは2年以上の利用約束で「にねんとくとく割(表記はとくに二乗)」が適用され、1〜2年目で1kWhあたり0.20円(税込)割引になります。

3年目以降では1kWhあたり0.30円(税込)となり大きく割引になります。

 

ただし、にねんとくとく割を適用すると二年以内の解約で違約金が発生します

ENEOSカードを利用している人ならガソリン代が安くなる特徴があります

 

あしたでんきの特徴

あしたでんきは東京電力グループの新電力です。

料金プランは「標準プラン」「たっぷりプラン」の二つがあり、標準プランは基本料金が0円で電力量料金が一定のプランです。

たっぷりプランは基本料金が3000円ですが電力量料金が標準プランよりも安くなっています。

 

選び方としては、4人世帯以上でペット飼うなどを理由に電気を多く使う方がたっぷりプラン電気をそこまで多く使わない方が標準プランです

 

 

ENEOSでんきとあしたでんきの料金を地方別に料金比較表で見てみる

ENEOSでんきとあしたでんきの料金を地方別に料金比較表

ENEOSでんきとあしたでんきの料金をエリア別に紹介して解説します。

 

あしたでんきは北海道、北陸、四国、沖縄の提供がありません。

どちらの新電力で共通して利用できるエリアは以下の通りになります

提供エリア

  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア

 

エリア別に料金を比較していきます。

 

東北電力エリアの場合

東北電力エリアでENEOSでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 330.00円 0円 3000円
15A 495.00円
20A 660.00円
30A 990.00円
40A 1320.00円
50A 1650.00円
60A 1980.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 18.38円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh 24.43円
300kWh以上 27.23円

 

東北電力エリアは青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、新潟県です。

一部離島は覗きます。

 

このように比較するとあしたでんきのたっぷりプランの方が電力量料金が安いですが、基本料金が3000もします。

5人以上の世帯など沢山電気を使う場合はあしたでんきの方がおすすめですが、それ以外はENEOSでんきの方が良いでしょう。

 

東京電力エリアの場合

東京電力エリアでENEOSでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 286.00円 0円 3,000円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 19.88円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh 24.54円
300kWh以上 26.22円

 

東京電力エリアは栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)です。

島嶼地域は覗きます。

 

4人世帯以上で電気を多く使う場合はあしたでんきのたっぷりプラン、それ以外はENEOSでんきの方が安くなるでしょう。

 

中部電力エリアの場合

中部電力エリアでENEOSでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 286.00円 0円 3,000円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 20.85円 26.00円 21.50円
120kWh〜280kWh 24.77円
280kWh以上 26.49円

 

中部電力エリアは愛知県、三重県、岐阜県、長野県、静岡県(富士川以西)です。

島嶼地域は覗きます。

 

60Aで電気を多く使う場合はあしたでんきのたっぷりプランの方が安くなる可能性が大きいです。

それ以外はENEOSでんきの方が安くなるでしょう。

 

関西電力エリアの場合

関西電力エリアでENEOSでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

最低料金

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
285.00円(15kWhまでの使用) 0円 3,000円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 20.31円 22.00円 17.50円
120kWh〜280kWh 23.99円
280kWh以上 26.80円

 

関西電力エリアは京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ヶ原町の一部)です。

島嶼地域は覗きます。

 

関西電力エリアでは、電気を全然使わない人に限りENEOSでんきの方が安くなる可能性があります。

120kWh以上からあしたでんきの方が料金単価が安いので一人暮らしの場合でもあしたでんきの方が安くなる可能性が大きいです。

 

中国電力エリアの場合

中国電力エリアでENEOSでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

最低料金

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
337.37円(15kWhまでの使用) 0円 3,000円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 20.58円 24.00円 19.50円
120kWh〜280kWh 26.50円
280kWh以上 27.51円

 

中国電力エリアは鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県(赤穂市福浦)、香川県(小豆郡、香川郡直島町)、愛媛県(越智郡上島町、今治市の一部)です。

島嶼地域は覗きます。

 

中国電力エリアでは120kW以上からあしたでんきの方が安くなります。

一人暮らしでも電気をほとんど使わないようならばENEOSでんきで、それ以外はあしたでんきの方が安くなる可能性が高いです。

 

 

九州電力エリアの場合

九州電力エリアでENEOSでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 297.00円 0円 3,000円
15A 445.50円
20A 594.00円
30A 891.00円
40A 1188.00円
50A 1485.00円
60A 1782.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ENEOSでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 17.28円 23.00円 18.50円
120kWh〜300kWh 22.25円
300kWh以上 23.97円

 

九州電力エリアは福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県です。

島嶼地域は除きます。

 

九州電力エリアでは300kWh未満ではENEOSでんきの方が安くなるため、1人暮らしや2人世帯ではENEOSでんきの方がおすすめです。

電気を多く使う家庭ではあしたでんきの方が良いでしょう。

 

まとめ

ENEOSでんきとあしたでんきの比較まとめ

  • ENEOSでんきは電気代だけでなくガソリンも安くなる
  • ENEOSでんきはポイントが貯まる
  • 電気を多く使うならあしたでんきの方が安くなる
  • 単身など電気をあまり使わない場合はENEOSでんき

ENEOSでんきとあしたでんきはどちらが良いのか一概には言えない部分があります

ただし、5人世帯やペットを飼うなど電気を多く使う家庭ならばあしたでんきの方が安くなるでしょう

 

それ以外はエリアによって事なります。

お住いの地域で検診表を確認して検討されてみてはいかがでしょうか。

 

またENEOSでんきはTポイントが貯まったりするなど電気代が安くなるだけではありません。

ただし、2年利用の約束をすると解約金が発生する事がありますのでご注意ください。

-ENEOSでんき, あしたでんき

© 2021 新電力の比較サイト。電気代節約できる会社を選定~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5