電気代

電気代が安くなる時間って存在するの?解説とやり方【元家電販売店勤務の私が語る】

この記事では電気代が安くなる時間帯について解説しております。

 

電気代が安くなる時間帯があると聞いたことがありませんか?

実は電気代というものは時間帯によっては安くなるんですね。

 

ただし、これは契約している電力会社の料金プランによるものです。

もしかしたら、深夜に使えば安くなるのかな?と思った
あくまで電気代であってネット回線のように「深夜は接続する人が少なくなるから混み合わず速くなる」という意味合いはないですね

ライフスタイルにあった電力会社の料金プランを選ぶことで光熱費を削減ができますので電気代をお得にしちゃいましょう。

この記事でわかること

  • 電気が安くなる時間帯
  • 大手電力会社の安くなる時間帯の料金
  • 新電力会社の安くなる時間帯の料金

 

電気代が安くなる時間帯って存在するの?

電気代は時間帯によって安くなるのは、一般的なことでは特別ありません。

その人のお家での電気機器の使い方次第なので、「この時間帯は安くなるよ~」という変動制はないという意味ですね

ですが、契約している料金プランによって特定の時間帯で安くできるようになります

 

今まで電気力会社の料金プランを切り替えしたことがない方は時間帯に関わらずでんき利用量に応じて料金が加算されるベーシックな電気料金プランを契約しているのが一般的です。

2016年から電力自由化になり、多くの企業が電力の事業に乗り出しました。

今までは地方の大手電力会社のみ契約するようになっていましたが、今では好きな電力会社に自由に選べるようになっています。

 

電力会社によっては夜間のみ安くできるプランがあります。

 

夜間で電気代が安くなる場合ってどういう場合?

電気代を安くできる時間帯は主に夜間ですが、これは夜間のみ電気代を安くできる料金プランが電力会社によってあることを言います。

申し込まないと夜間のみ安くすることはできません

 

この料金プランを提供しているのは新電力だけでなく地方電力会社もあります。

 

地方電力会社の場合

地方電力で夜間での電気代が安くなる単価と時間帯を紹介します。

電力会社 電気代が安くなる時間帯 単価(1kWhあたり)
北海道電力 22時〜翌8時 14.63円
東北電力 23時〜翌7時(よりそう+ナイト8) 11.12円
22時〜翌8時(よりそう+ナイト10) 11.43円
21時〜翌9時(よりそう+ナイト12) 11.92円
東京電力 23時〜翌7時(夜トク8) 21.16円
23時〜翌7時(夜トク12) 22.97円
中部電力 22時〜翌8時 16.30円
北陸電力 20時〜翌8時 12.50円
関西電力 23時〜翌7時(時間帯別電灯) 10.07円
22時〜翌8時(eスマート10) 15.36円
中国電力 21時〜翌9時(ぐっとずっと。プラン電化Styleコース) 14.87円
21時〜翌9時(ぐっとずっと。プランナイトホリデーコース) 18.21円
四国電力 23時〜翌9時 19.48円
九州電力 22時〜翌8時 13.21円
沖縄電力 23時〜翌7時(Eeホームフラット) 11.18円
23時〜翌7時(時間帯別電灯) 12.05円

このようにプランによっては時間帯と単価が違います

該当するエリアの電力を確認してください。

毎月送られてくる請求書にプランが書いてあるので、それを確認するのが1番確かです

 

新電力会社の場合

新電力の電気代が安くなる時間帯と単価は以下の通りです。

東京電力エリアでの料金を記載しております。

電力会社 電気代が安くなる時間帯 単価(1kWhあたり)
エルピオでんき 23時〜翌6時 20.50円
シン・エナジー 22時〜翌8時 17.98円
昭和シェル 1時〜6時 17.98円
スマ電 22時〜翌8時 20.92円
イデックスでんき 22時〜翌8時 12.80円

注意ポイント

以上のような時間帯と単価になりますが、専用のプランに加入しなければ安くならないのでご注意ください。

 

夜間の時間帯でお得になるおすすめ新電力のプラン

夜間の時間帯でお得になるのはオール電化のみとするとことろもありますが。オール電化でなくても安くすることができます。

 

夜の時間帯でお得になるのは地方電力だけでなく新電力もあります。

その中でもおすすめな新電力のプランについて紹介します。

 

エルピオでんき「深夜おトクプラン」

エルピオでんきの深夜おトクプランは23時〜翌6時まで電気料金が割安に設定された電気料金プランで、オール電化住宅でない世帯でも契約可能です。

 

エコキュートなどの夜間蓄熱式機器を利用しているオール電化の家庭だけでなく、単身世帯や共働き世帯などで深夜のでんき使用が多い家庭におすすめです

 

昼間は家にいない家庭におすすめなプランです。
エルピオでんきの口コミ・評判を総まとめ|迷っている人は要確認

エルピオでんきをご自宅で利用する電力会社にしようと考えて気になるのはその評判ですね! 毎月の電気代が安くなり、キャッシュバックキャンペーンも行なっているエルピオでんきですが、評判が悪いと利用するのは考 ...

続きを見る

シン・エナジー「夜生活フィットプラン」

シン・エナジーの夜生活フィットプランは22時〜翌8時で電気代が安くなる料金プランです。

夜間の電気利用料が多い家庭だkでなく、朝8時まで続くことから朝に家事を行う家庭も電気代を節約できるでしょう

 

新電力としてはまだ少ない沖縄電力エリアへの供給にも対応しています。

 

このプランはオール電化向けではなく通常の家庭でお使いただけるプランです。

そのためオール殿下の場合は電気代が高くなってしまう可能性がありますのでご注意ください。

シン・エナジーの口コミ・評判
シン・エナジーの口コミ・評判を総まとめ|迷っている人は要確認

シン・エナジーの口コミ・評判 シン・エナジーに切り替える事で電気代が安くなったと評判を聞きましたか? 2016年から電力自由化になって、電力会社を自分にで選べるようになりました。 様々な企業が新電力の ...

続きを見る

その他の時間帯でお得になる新電力の料金プラン

電気代が安くなる時間帯は深夜帯でけではありません

プランによっては昼間に安くなる電力会社のプランがあります。

 

ライフスタイルにあったプランを選ぶのがベストなので、こちらも紹介していきます。

 

シン・エナジー「昼生活フィットプラン」

シン・エナジーでは夜間だけでなく昼間に電気代が安くなる昼生活フィットプランがあります。

昼生活フィットプランは平日の9時〜18時の電気代が安くなります

 

最近ではお家時間が増えた家庭もあると思いますので、昼間に家にいる時間が多い場合では、昼生活フィットプランを選ぶとお得になります。

 

日曜だけ半額になるエフエネでんき「エフエヌHOME」

エフエネHOMEの家族応援プランは毎週日曜日の電気代(従量料金)が半額になるプランです。

共働きなどで日中は家におらず日曜日だけ家にいる時間が長い方がお得になるプランです

 

基本料金やその他の曜日の電力量料金は従来の電力会社の料金から引き継がれるため、他の時間帯や曜日では安くなりません。

基本的には日曜日の分が丸ごとお得になるプランです。

エフエネ電気の口コミ・評判
エフエネ電気の口コミ・評判を総まとめ|迷っている人は要確認

この記事ではエフエネ電気の評判について解説しております。   電気をエフエネ電気に切り替える前に評判について知っておきたいところですね。 訪問販売でエフエネ電気を名乗るものが来て電気代が安く ...

続きを見る

まとめ

電気代が安くなる時間帯

  • 電力会社とそのプランによって安くなる時間帯がある
  • プラン変更をしていなければ基本的にはどの時間帯でも同じ
  • 深夜に安くなるプランが多い
  • 新電力では昼間に安くなるプランもある

電気代が安くなる時間帯は基本的には夜間です。

しかしこれは通常の料金プランで安くなるのではなく、夜間に安くなるプランに変更している場合です。

 

オール電化向けのプランが多いですが、一般的な使用の場合でも安くなるプランもあります。

新電力では夜間に安くなるプランだけでなく、平日の昼間に安くなるプランや日曜日に反駁になるプランなどあります。

 

電力自由化になったことでライフスタイルにあった電力会社に申し込めば光熱費の節約に繋がります

このサイトでは様々な電力会社の評判やデメリットなどについて解説しておりますので併せて参照してみてはいかがでしょうか。

電力の関連記事

-電気代

© 2021 新電力の比較サイト。電気代節約できる会社を選定~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5