新電力会社

奈良電力VS関西電力を比較!どっちが安いか料金プラン比較しながら解説

奈良電力は関西電力エリアで最安値級の新電力で安くなったと評判の新電力です。

この記事では奈良電力の料金について解説しております。

 

2016年に電力自由化になった事で、電気代を安くしたい事から安いところにに乗り換えたいですよね。

電力を切り替える事で最も気になるのは料金ではないでしょうか。

 

実際に関西電力と比較してどれくらい安くなるの気になるところですよね。

そこで関西電力と比較してまとめましたのでそちらも紹介します。

 

この記事でわかること

  • 奈良電力の料金について
  • 奈良電力のオプション料金
  • 奈良電力と関西電力の比較

 

奈良電力の料金をまずは解説

奈良電力は関西電力エリア限定の新電力です。

関西電力エリアなら奈良県以外でも切り替える事ができます。

 

運営会社は奈良県で砕石・リサイクル・運輸・建設事業などを手がける山本商事グループです。

再生可能エネルギー事業も取り組んでいて、7ヶ所の自社太陽光発電所を所有しています。

 

奈良電力は「電気を通して地元奈良を活性化したい!」との思いから収益の一部を地元の教育・福祉・文化・スポーツなど様々な分野に寄付される「ふるさと納伝システム」という仕組みを取り入れています。

 

つまり奈良電力への支払いでで地域貢献できるという事です。

 

奈良電力の料金システムについて

新電力では基本料金がないところもありますが、奈良電力は基本料金があります。

 

奈良電力の基本料金は関西電力の基本料金(最低料金)よりも安く設定されています

 

従量料金(電力量料金)も関西電力よりも安く設定されています。

 

つまり、関西電力から奈良電力に切り替える事で逆に高くなるという心配はありませんので安心してください

 

月額300円の安心サポートがある

奈良電力では万が一のトラブルに緊急対応をしてくれる「ならでん安心サポート」を月額300円で利用できます。

ならでん安心サポート

  • 電気のトラブル
  • 鍵のトラブル
  • 窓ガラスのトラブル
  • ガスのトラブル
  • 水まわりのトラブル

 

24時間365日生活設備のプロがサポートしてくれます。

 

出張費用は無料で、作業時間は60分無料です。

 

関西電力と奈良電力の料金比較

関西電力の料金と奈良電力の料金をを比較します。

奈良電力の料金プランは以下の3つです。

 

ならでんの料金プラン

  • ならでん電灯A(関西電力の電灯A相当プラン)
  • ならでん電灯B(関西電力の電灯B相当プラン)
  • ならでん低圧電力(関西電力の低圧電力相当プラン)

 

奈良電力の料金プランをそれぞれ関西電力と比較して紹介します。

 

ならでん電灯A

最低料金

関西電力従量電灯A ならでん電灯A
341.01円(15kWhまでの使用) 333.71円(15kWhまでの使用)

電力量料金(1kWhあたりの料金)

関西電力従量電灯A ならでん電灯A
120kWhまで 20.31(15kWh以上120kWhまで) 20.12円
120kWh〜200kWh 25.71円 26.67円
200〜300kWh 25.71円 21.33円
300kWh以上 28.70円 24.39円

 

奈良電力のならでん電灯Aプランでは200kWh以上の使用分が関西電力より約17%安くなります。

利用分をシミュレーションすると以下のようになります。

 

よくみると120kWh〜200kWhでは奈良電力の方が高くなってます

 

使用量(kWh) 関西電力 ならでん 毎月安くなる金額 1年間で安くなる金額
220 5,044円 5,006円 38円 456円
300 7,101円 6,712円 389円 4,668円
400 9,971円 9,151円 820円 9,840円
600 15,711円 14,029円 1,682円 20,184円
800 21,451円 18,907円 2,544円 30,528円

 

電気をあまり使わない家庭ではあまり安くなったと実感できないかもしれません。

しかし高くなる心配はありませんので安心してください

 

電気を多く使う家庭ほどお得になるようになってますのでお得さを実感できるのではないでしょうか。

 

ならでん電灯B

基本料金

関西電力従量電灯B ならでん電灯B
396.00円(1kVAあたり) 356.40円(1kVAあたり)

電力量料金(1kWhあたりの料金)

関西電力従量電灯B ならでん電灯B
120kWhまで 17.91円 15.95円
120kWh〜280kWh 21.12円 19.87円
280kWh以上 23.63円 22.87円

 

ならでん電灯Bは5〜10%安くなります。

例として20kVA・2000kWh使用の場合は月に約2500円安くなります。

 

ならでん低圧電力

基本料金

関西電力低圧電力 ならでん低圧電力
1078.00円(1kWあたり) 970.20円(1kWあたり)

電力量料金(1kWhあたりの料金)

関西電力低圧電力 ならでん低圧電力
夏季 14.43円 14.43円
その他 12.95円 12.95円

 

ならでん低圧電力では基本料金が10%安くなるプランです。

低圧電力は契約電力と使用量によっては供給できない場合があります。

 

まとめ

奈良電力料金まとめ

  • 確実に安くなる料金システムではない
  • 月額300円のオプションがある
  • 基本料金(最低料金)はある

奈良電力の料金プランについて解説しました。

奈良電力は基本料金(最低料金)がある料金システムになっています。

 

必要であれば月額300円のオプションに入る事でもしもの時のサポートをお願いするのもいいと思います。

 

電気代は関西電力よりも確実に安くなるようなシステムになっています。

切り替える事で逆に高くなる心配はありませんのでご安心ください。

 

しかし、あまり電気を使わない場合は割引率が低いので安くなったと実感できないかもしれません。

電気を多使う家庭では割引率が高くなるのでお得になります。

 

奈良電力は初期費用がなく解約金もないのでお試し感覚で切り替えてみるのもありですね。

 

他の電力会社と比較する点で言えば従量料金は段階的に上がって行くようになるので、どの使用量でも安くなりますが、段階的ではなくどの使用量でも一定にしている新電力よりもよりも高くなる場合もあります

他にもならでんの支払方法について書いた記事があります。

奈良電力は関西エリア最安値と記載がありますが、条件によっては他の方が安くなる場合もあります。

そのためこのサイトでは最安値級と記載させていただいております。

 

また、このサイトでは奈良電力だけでなく様々な電力会社の料金についての解説や、評判やデメリットなどを紹介しておりますので併せて参照されてみてはいかがでしょうか。

 

-新電力会社

© 2021 新電力の比較サイト。電気代節約できる会社を選定~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5