あしたでんき エルピオでんき

エルピオでんきとあしたでんきの比較|どっちが良いか料金を表にして地方別にまとめてみた

エルピオでんきとあしたでんきの比較

この記事ではエルピオでんきとあした電気を比較して解説しております。

 

エルピオでんきとあしたでんきのどちらかで迷っていますか?

この二つの新電力はどちらも料金が安くなる評判の良い新電力です。

 

しかし実際にどちらが良いのか判断をくけるのが難しいですよね。

そこでわかりやすく特徴と料金をエリア別に紹介して参ります。

この記事でわかること

  • エルピオでんきとあしたでんきの特徴の比較
  • エルピオでんきとあしたでんき料金をエリア別で比較

 

エルピオでんきとあしたでんきの特徴について

エルピオでんきとあしたでんきはどちらも電気代が安くなる評判の良い新電力です。

共通点を言いますと、解約金がないのでお試し感覚で切り替えることができます。

 

それぞれの特徴について解説します。

 

エルピオでんきとは

エルピオでんきは50年以上ガスの供給を行なってきたエルピオの新電力です。

50年以上ガスの提供を行なってきたエネルギー企業だけあって、エルピオガスとセットにする事で毎月100円引きになる従来の電気代やガス代を節約できます

 

料金の仕組みはエリアによって異なり、下記で紹介しておりますので対象となる地域を参照してください。

あしたでんきとは

あしたでんきは東京電力グループの新電力会社です。

料金プランは「標準プラン」「たっぷりプラン」の二つがあり、標準プランは基本料金が0円で電力量料金が一定のプランで、たっぷりプランは基本料金が3000円ですが電力量料金が表順プランよりも安くなっています。

 

選び方としては、4人世帯以上でペット飼うなどを理由に電気を多く使う方がたっぷりプラン電気をそこまで多く使わない方が標準プランです

 

エルピオでんきとあしたでんきの料金を地方別に表で比較してみた

エルピオでんきとあしたでんきの料金を地方別に表で比較

エルピオでんきは北海道と沖縄での提供がなく、あしたでんきは北海道、北陸、四国、沖縄の提供がありません。

どちらの新電力で共通して利用できるエリアは以下の通りになります

提供エリア

  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア

 

エリア別に料金を比較していきます。

 

東北電力エリアの場合

東北電力エリアでエルピオでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 0円 3000円
15A
20A
30A 743.52円
40A 937.04円
50A 1171.29円
60A 1497.22円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 23.24円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh
300kWh以上

 

東北電力エリアは青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、新潟県です。

一部離島は覗きます。

 

このように比較するとあしたでんきのたっぷりプランの方が電力量料金が安いですが、基本料金が3000もします。

そのため、5人以上の世帯など沢山電気を使う場合はあしたでんきの方がおすすめになります。

 

東京電力エリアの場合

東京電力エリアでエルピオでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 0円 3,000円
15A
20A
30A 858.00円
40A 1086.80円
50A 1344.20円
60A 1613.04円

 

エルピオでんきスタンダートライトプラン(30A)の電力量料金(1kWhあたりの料金)と比較

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 21.14円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh 23.03円
300kWh以上 25.78円

 

エルピオでんきスダンダードプランS(40・50A)の電力量料金(1kWhあたりの料金)と比較

 

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 18.84円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh 23.03円
300kWh以上 25.78円

 

エルピオでんきスダンダードプランS(60A)の電力量料金(1kWhあたりの料金)と比較

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 18.65円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh 23.03円
300kWh以上 25.78円

 

東京電力エリアは栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)です。

島嶼地域は覗きます。

 

エルピオでんきの場合、東京電力エリアではアンペア数によってプランや電力料金が違いますが、40A以上では基本料金も安く電力量料金も安いです。

比較してみると電気を沢山使いすぎる大豪邸でもない限りはエルピオでんきの方が安くなる可能性が高いです。

 

中部電力エリアの場合

中部電力エリアでエルピオでんきとあしたでんきのプランを比較します

 

基本料金

契約アンペア数 エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 0円 3,000円
15A
20A
30A 743.52円
40A 937.04円
50A 1171.29円
60A 1497.22円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 23.62円 26.00円 21.50円
120kWh〜280kWh
280kWh以上

 

中部電力エリアは愛知県、三重県、岐阜県、長野県、静岡県(富士川以西)です。

島嶼地域は覗きます。

 

60Aで電気を多く使う場合はあしたでんきのたっぷりプランの方が安くなる可能性が大きいです。

40Aではエルピオでんきの方が安くなる可能性があります。

 

関西電力エリアの場合

関西電力エリアでエルピオでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

最低料金

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
0円 0円 3,000円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 22.2円 22.00円 17.50円
120kWh〜280kWh
280kWh以上

 

関西電力エリアは京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ヶ原町の一部)です。

島嶼地域は覗きます。

 

関西電力エリアの場合はあしたでんきの方が安くなる可能性が大きいので、後はプランをどちらかにするか検討するのみで良いでしょう。

 

中国電力エリアの場合

中国電力エリアでエルピオでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

最低料金

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
0円 0円 3,000円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 23.58円 24.00円 19.50円
120kWh〜280kWh
280kWh以上

 

中国電力エリアは鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県(赤穂市福浦)、香川県(小豆郡、香川郡直島町)、愛媛県(越智郡上島町、今治市の一部)です。

島嶼地域は覗きます。

 

中国電力エリアでは若干ではありますがエルピオの方が安くなります。

しかし60A以上など電気を多く使う場合はあしたでんきのたっぷりプランの方が安くなる可能性が大きいです。

 

九州電力エリアの場合

九州電力エリアでエルピオでんきとあしたでんきのプランを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A - 0円 3,000円
15A
20A
30A 0円
40A
50A
60A

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

エルピオでんき あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 22.91円 23.00円 18.50円
120kWh〜280kWh
280kWh以上

 

九州電力エリアは福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県です。

島嶼地域は除きます。

 

九州電力エリアでは若干ではありますがエルピオの方が電力量料金が安いので、3人世帯ではエルピオでんきの方が安くなる可能性があります。

しかし60A以上など電気を多く使う場合はあしたでんきのたっぷりプランの方が安くなる可能性が大きいです。

 

まとめ

エルピオでんきとあしたでんきの比較まとめ

  • 単身など電気をあまり使わない場合はどちらもやめた方がいい
  • 60Aで電気を多く使うならあしたでんきのたっぷりプランがおすすめ
  • 2人〜3人世帯ならエルピオでんきの方がおすすめ
  • どちらも解約金が無い

エルピオでんきとあしたでんきの二つで共通して言えることは、一人暮らしなど電気をあまり使わない場合はどちらもおすすめできません。

電力量料金を見ると地方電力の方が安くなる可能性が大きいからです。

 

あしたでんきのは二つのプランがあり、標準プランの方は基本料金が0円ですがたっぷりプランでは3000円になりますが電力量料金が安いです

 

2人〜3人世帯ではエルピオでんきの方が安くなる可能性がありますので、エリアと検針票を確認して検討する方がいいでしょう。

 

また、エルピオでんきとあしたでんきは解約金がありませんのでお試し感覚で切り替えることができます。

このサイトではエルピオでんきとあしたでんきの評判やデメリットなどについても解説しておりますので併せて参照されてみてはいかがでしょうか。

 

>>エルピオでんきの電気代が高騰?

-あしたでんき, エルピオでんき

© 2021 新電力の比較サイト。電気代節約できる会社を選定~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5